So-net無料ブログ作成

旧スプリアス規格リグはどうなるか? [RIG]

JA1LFX-清水OMのブログ
「旧スプリアス規格の無線設備」  アマチュア無線
http://sky.ap.teacup.com/je1lfx/3781.html#comment24588

総務省
旧スプリアス規格の無線設備への対応について
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/27/0924kc.html

総務省 パンフレット
旧スプリアス規格の無線設備への対応について
http://www.soumu.go.jp/main_content/000377957.pdf


引用>
製造業者又は製造事業者を構成員とする団体の測定データにより新スプリアス規格に
適合することが確認された無線機器は、総務省HPにおいて公表します。
公表された無線機器は、スプリアスの測定が不要となります。
アマチュア局については、保証の手続を活用することも可能です。


200W以下の場合は保証認定でOKのようです。
いっその事200W以上も保証認定ありにすれば解決だと思います。

旧スプリアスRIGはメーカーが測定データを公表してくれればOKですが、
新しいRIGを売りたいでしょうから望み薄でしょう。

ところで、保証認定を受けたRIGにリニアをつけて落成検査を受けたらどうなるんでしょうか?
また落成検査のときに旧規格リグのスプリアスを測定してもらうことは出来ないのでしょうか?
とっとと新RIGを買うのが良さそうですが。

JJ1WTL OMの記事
http://jj1wtl.at.webry.info/201509/article_9.html

JN4MMO OMの記事
http://mimasaka-dx.net/jn4mmo/2015/05/november-30-2022.html


共通テーマ:趣味・カルチャー