So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

HP DC7800のCPUをE4400からE8400に交換 [PC]

BIOSは1.35にしてあります。

クロックが2GHzから3GHz。
キャッシュが2MBから6MB。
FSBが800MHzから1333MHz。
TDPは65Wそのまま。

ベンチ 左がE8400、右がE4400。ともにSSDです。
e8400_vs_4400.jpg

E8400の中古価格は500円ぐらいです。


共通テーマ:趣味・カルチャー

HP DC7800 を SSD化 [PC]

(1)光学ドライブのSATAケーブルを外してSSDへ接続する。

(2)EaseUS Todo Backup フリー版で、HDDからSSDへ システムクローンでクローンSSDを作成する。

このとき「クローン」ではなくて「システムクローン」を選ぶ。(MBRもコピーされる)

SSDに最適化をチェックする。

フリー版は30日間のみ使用可能。

(3)元のHDDを外し、SSDを両面テープで張り付ける。

palit_ssd_2018july12.jpg

(4)Ease US Partition Master Free版で 4Kアライメントを調整。


Crystal Mark Benchiの測定結果
ssd_zengo.jpg

左がHDD、右がSSD。
HDDのベンチマークが約5倍になっています。


共通テーマ:趣味・カルチャー

HP DC7800 BIOS アップデート手順 [PC]

ほとんど自分用メモ。

HPのページ
https://support.hp.com/jp-ja/drivers/selfservice/hp-compaq-dc7800-small-form-factor-pc/3459241

(1)OSはWin10(32bit)ですが選択にないので、Win7 32Bit を選択。

(2)BIOSの中から、
HP Compaq Business DesktopシステムBIOS (786F1 BIOS)system software Manager Icon
v01.35 Rev.A
を選択しダウンロードする。

(3)ダウンロードした sp73582.exe を実行すると、必要なファイルが c: \ swsetup下に展開される。

(4)前の記事のRufusでFreeDosブートUSBを作成し、そこへ展開したファイルをコピーする。

(5)USBでPCをブートし、SP73582 \ DOS FLASHへ移動する。

(6)FlashBin.exe を実行する。

これで BIOS v1.04 から v1.35 にアップデートできました。



共通テーマ:趣味・カルチャー

ブート可能なUSBメモリーを簡単に作るソフト Rufus [PC]

rufus.jpg

ISOイメージを元にブート可能なUSBメモリーを作成するソフトです。

FreeDOSのイメージは内蔵されているので、このままDOSブートUSBが出来ます。

古いPCのBIOSアップデートに便利です。

窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/rufus/



共通テーマ:趣味・カルチャー

KH1/KH7Zでの FT8 DXペディー モード [DXing]

今回は合計16000QSOで、FT8は6000QSO以上だそうですので、予想以上にFT8が活躍したと思います。

通常のJT65やFT8では効率が悪いので、どうなるものかと思っておりましたが、混乱は少なく比較的ハイペースでこなしていました。

速度は凄腕のCWオペレーターよりはやや遅いぐらいでしょうが、機械が解読するので疲れ知らずなのと、OPの上手下手による効率差がないのがよいところだと思います。

ベーカー島 2018 DXペディション 日本向け支援チーム日本語サイト
http://www.jouban.net/baker2018/index.html



共通テーマ:趣味・カルチャー

KH1/KH7Z 20m FT8 でゲッツ [DXing]

DX PEDモードで呼びながら用事をしていたら、いつのまにかQSOが終了していました。

2000Hzぐらいまでは満杯ですが、少し上の方はガラ空きです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

地震で ガスマイコンメータが停止。なぜ3分?

昨日の地震でガスが出なくなりましたが、そういえばメーターが揺れを感知してガスを止めるようになっているのでした。(笑)

メーターのリセットを押して、しばらく待ってからガスコンロを使おうとしたら、少しガスが出てまた停止しました。おそらく3分待たずに使用したせいだと思います。

まったく出ない状態からすこしガスが出る状態に遷移したということは、最初のリセット後少しだけ供給されていたということです。

なぜ3分待つようになっているのか考えてみました。

おそらく、地震のゆれでガス栓を止めずに表に飛び出したり、あるいは屋内のガス配管に亀裂があってガス漏れがある場合は、少しガスを通してみて圧が上がらないので復帰しないというシーケンスになっているのでしょうね。

リセットを押して5分ほど待ってから使うと正常に復帰しました。



共通テーマ:趣味・カルチャー

WSJT-x ver1.9.1 と JTAlertX ver2.11.3 [PC]

WSJT-xは起動時のDXPEDモードの警告が出なくなっていますので、公開verだと思います。

JTAlert-xは起動時にADIFファイルの読み込み画面が出ます。
LOGがADIFファイルからのときに QSO B4 の検出がバグっていたのが直っているようです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

FTDX101D と TS890S [RIG]

hamlife.jp

TS890S
https://www.hamlife.jp/2018/05/18/hamvention2018-ts890s/

FTDX101D
https://www.hamlife.jp/2018/05/18/hamvention2018-yaesu-ftdx101d/

TS890Sは名前からして予想どうりです。シングルワッチのようだし、100W出力で電源外付けタイプ。

FTDX101DはSDR(SDR技術を使用したという微妙な言い方)だそうです。こちらはデュアルワッチのようです。VFOつまみは1つか2重になっているかでしょう。
名前はFTDX4000になるかと予想していたのですが外れました。
電源外付けで100W出力ですから、5000の後継機種ではないでしょう。
9000はディスコンで5000は少し古くなってますので、200Wタイプが別に出ると思います。

しかしよりにもよって101とはね(ボソッ)。


共通テーマ:趣味・カルチャー

新スプリアス規格対応 200Wを超える局のリニアアンプ (追加情報あり) [RIG]

リニアアンプの新スプリアス対応についての記事です。

総務省 ハイパワーの申請について≪空中線電力200Wを超える指定を受けようとする場合
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ru/ama/faq/ama_11.html

>関東総合通信局においては、下記の一覧表に掲載されているリニアアンプの同一型式については、新スプリアス規格に適合している「新スプリアス確認設備」として取り扱うこととしております。

新スプリアス確認設備(リニアアンプ)の一覧表PDF
http://www.soumu.go.jp/main_content/000548397.pdf


--- 追加記事 2018/5/7 近畿総合通信局へ電話で聞いたところ ---

その局が新スプリアス免許かどうかは検査を受けた時期による。
平成17年12月1日以降の検査であれば新スプリアスで検査したことになるが、それ以前だと旧スプリアスの免許となる。

上の期日以前の検査だった場合で、新スプリアス対応のトランシーバーを追加してから、あとで旧トランシーバーとリニアを共用にし、その後旧スプリアスのトランシーバーを撤去する方法の場合はグレーで、新か旧かはまだ決まっていない。
このケースを新と認めるように本庁へ要望を上げている。

上のトランシーバー取り換え方法に加えてリニアを上の一覧にあるものと取り替えても新とは(今のところ)認められない。



共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -